フロアコーティングを業者に依頼して床を綺麗にしよう

担当者

作業の流れ

住宅

リフォームを依頼する時は、奈良にある業者の作業工程を知っておくと、スムーズに作業の依頼が行えます。スムーズに行うことで、トラブルになることを防ぐことができるのです。そのためにも、作業工程を知っておきましょう。

Read More...

目的に適したものを選ぼう

室内

フロアコーティングとは、リフォームをした時に、ワックスなどを使用して、床にツヤを出し綺麗に仕上げる方法です。この作業を行なうことで、床を傷つけたり、濡らしても床下まで水が浸透しなくなり床の木材を腐らせる心配がなくなったりするのです。そのため、八尾のリフォーム業者では、リフォームが終了するとフロアコーティングで仕上げを行うのです。

フロアコーティングには、様々な種類があります。例えば、UVタイプやウレタンタイプ、シリコンタイプなどがあるのです。UVタイプのものは、太陽などからの紫外線で床が焼けるのを防いでくれる働きがあります。それにより、床の色が紫外線によって変わるという心配がないため、床の日焼けを気にする人には最適なコーティングとされています。UVタイプのフロアコーティングは、耐久性にも優れており、フロアコーティングを行なって、約20年から30年は保つことができるとされています。また、塗ってから乾燥するまでの時間が短いため、フロアコーティングを行なってからすぐに入居できるようになります。一方、ウレタンタイプのものは、水性のものと油性のものにわかれているのが特徴です。塗った後の耐久性は、約5年から10年とUVタイプのものに比べて短いものではありますが、価格が他のコーティングに比べて安いとされているため、沢山の八尾にあるリフォーム業者で利用されています。このように、用途によってフロアコーティングの種類も様々であるため、自分に適したものを選んで業者に依頼するとよいでしょう。